中学生の時からの片頭痛

この子は(いきなりこの子?(笑))先日高校の同窓会で22年ぶりに再会したクラスメートなのです。
同窓会で、塚田君が鍼師になったんだー、行ってみたい!みたいな話になり、おいおい急だな!と思いつつ(笑)
いいよ、おいでよ、頭痛かなり良くなるから!と言って数日後に来院。
なぜ、すぐに僕がこう言ったかというと、家系的にこの子は頭痛一家みたいなのですが、高校でテニスを3年、今もスノボを冬にしているくらい比較的アクティブな子なので、治る力は強いだろうと思ったからです。

主訴は、2か月位前から、夕方以降、上を向いたり、首を右に倒す際に右肩背部に痛みが出る。
それ以外は、中学生の時からの片頭痛(特に左側が強め)で、薬の副作用を我慢しながら服薬しているとのこと。
首肩周りや腹部にも圧痛点がある。

早速仰向けになっていただき、美容鍼を使って治療開始。
刺鍼部位は、おでこ、両足親指の付け根、両手首、両側のこめかみ。
鍼を刺しながら、首肩、腹部の緊張が取れたのを確認してから抜鍼。
治療後腹部に違和感が残ったため、両側の足背部に1本ずつ鍼をして、数分したら抜鍼。

2日後本人とラインをしたら、右肩背部の痛みは少し残っているけど、治療後頭痛が出なくなったとのこと。
それだけでも1日の快適度が全然違う!と言って喜んでいました。
右肩背部の痛みは、普段のセルフケアで右側の三陰交を1,2分指圧するだけでも楽になってくるはずです。
今後は、スノボシーズンになったらメンテナンスで定期的に来るね!といって、帰宅されました。
相変わらず元気な子だなあ、と思いましたね。。(笑)

※この方の口コミがこちらです。https://s.ekiten.jp/shop_71030891/review/k_4500072/