両側の肩こり、肩の痛み、左肘の周りの痛み(鍼治療は初めての方)

 

 

 

 

 

 

この方は患者さんのご紹介で来られたご家族様なので、治療にも熱が入りました☆
ただ、どうして最近新規で来院される方に四十肩、五十肩の方が多いのか、そして鍼治療が初めての方が非常に多いのか疑問なのですが・・。
(僕は東京都大田区にある鍼灸整骨院の勤務時代に管理鍼灸師を務めており、
その時は全国に数十店舗あるフランチャイズの店舗のなかで保険請求額が全国で1位でした。治療院の患者さんの45%前後が鍼治療を保険で受けていたのです。
つまり、鍼灸が初めての方にも効果を実感していただけるような治療を行うのが得意ですし、鍼治療が好きな方にも満足していただける治療効果を出せてきた経験があります)

主訴は
1年半前から右肩鎖関節(鎖骨の端と肩甲骨の骨の突起が接する場所)が痛む、半年前から左肩鎖関節、重たいものを持つと左肘周囲が痛む。
最近2週間両側の肩のコリが目立つ。

お仕事が蕎麦屋さんなので、麺をこねる際に腕や肩周りの筋肉を使うので、両側の肩甲骨後面の緊張が強いということと、包丁を持って麺を切る動作・指の使い方等も影響して両側の肩鎖関節が痛むようでした。

そこでうつ伏せになっていただき、細かく押して痛む個所をチエックしていきましたが、やはり首肩、肩甲骨周り、左肘周囲には押して痛む個所が多かったです。
刺鍼部位は後頭部に極細鍼を1本、両側の腰に1本ずつ、両側の耳の後ろに1本ずつ刺鍼しましたが、この段階で首肩、肩甲骨、左肘周りの痛みがすべて取れていました。
この方は25歳までサーフィンを定期的にされていたというのもあり、運動歴がある方は特に治りが良いです。
最後に腰を掛けていただき、腕や肩を動かしていただいても痛みの出る動作はすべて治っていました。
この方は2回目は2週間後くらいに来てくださいね、と来院を促しました。