出産後の骨盤の開きと肩こり、腰痛、ほほのしみの改善

 

 

この方は30代女性で3歳の男の子と、生後半年の赤ちゃんがいらっしゃる方です。
主訴は
1、最近3年間、右腰に痛みがある→朝起床時が一番辛い
2、首こりからの頭痛→この症状は出産前より続く
3、最近数年間、足首より先、下腹部が冷えやすい

1回目
この方の初診時、2回目は3歳の男の子と赤ちゃんを一緒に連れてこられていたので、赤ちゃんが泣き出す15分~20分以内に治療効果を出すべく考えながら仰向け、横向け中心にマッサージと鍼治療を致しました。
赤ちゃんが泣きだしそうになると、左手でお母様の脚を指圧しながら、右手で赤ちゃんのお腹をさすってあげたりしたのですが、数秒後にはおぎゃあ~おぎゃあ~と泣き出してしまいました・・・。😢
でも、お母さんの元へすっと赤ちゃんを近づけてあげると泣き止んでくれて良かった。
可愛いですよね。
今回は肩周り、腰、下肢などを中心に30分のマッサージをして(産後の骨盤の状態が整っていない状態でいきなり筋肉の調整などをするよりは、最初の2,3回は軽めのマッサージと軽めの鍼治療をする方が長期的に見るといい状態を維持できると思います。)
その後に左足首、右腰、右肘などに軽めの鍼治療をして、最後に赤ちゃんを抱っこしていると腰も疲れてくると思うので、腰に2個シール鍼をつけて本日は終了。

2回目(3日後)
今回は今までよりも確実に腰の状態が良くなり、だっこひもが腰にフィットしたとのことで喜ばれていました。
2回目は3日後に来ていただいたのは、マッサージや鍼治療をしていると赤ちゃんが泣きだしてしまうので、1回にまとめて長時間治療を出来なかったからです。
今回は前回の治療効果もしっかりと持続していたので、マッサージの時間は短かく致しました。
仰向けで下肢のマッサージ、足裏指圧、うつ伏せで腰以下の指圧などを丁寧に行い、
最後に左足首、骨盤に安定感を出すために腰にも2本軽めの鍼をしました。
その後、腰に前回よりも刺激の弱いシール鍼をつけて治療完了。

3回目(2週間後)
今回は2週間後に来られたのですが、一昨日まで腰痛は気にならなかったとのこと。
肩こりもかなり楽で、施術後に骨盤が締まって小さくなっているのが実感できているとのこと。
そういうことをおっしゃっていただけると嬉しいですよね☆
3回目以降は赤ちゃんを託児所に預けてから施術に来られているので、鍼治療も時間をかけてさせていただきました。
今回の主訴は、昨日半日赤ちゃんをだっこしていたので、右腰が前かがみになると痛む。
下腹部のゆるさと右首肩のコリが気になるそうでした。
今回は後頭部、腰、右手首、右こめかみなどに軽めの鍼治療をして、両方のお尻や腰の冷えをとるために、腰の鍼の柄にお灸を載せて身体の中まで温めました。
3回目の治療以降は灸頭鍼をやった効果もあり生理痛も楽になり、腰痛は無くなったそうです。

4回目(2週間後)
4回目以降は骨盤の状態も安定してきて腰痛もかなり良くなってきたので、仰向けの状態で美容鍼を使い、肩こりや下腹部の緩み・冷えの改善、ほほのしみの改善に努めました。
ほほのしみは4回目の鍼治療後に3割ほど薄くなっており、ご本人様も喜ばれていました☆
※この方の口コミがこちらです。
https://www.ekiten.jp/shop_71030891/review/k_4398831/