産後の座骨神経痛(1回で7割改善)

この方は初診時にかなりおそるおそる歩かれて来院されました。

ベッドに腰掛ける時も慎重に、、、という感じ。
主訴は
1、最近3日間右下肢後面に痛みを感じ、常に筋肉が引っ張られている感じがする。元々腰椎のヘルニアがある
2、最近5日間風邪を引いている
3、右手首の腱鞘炎、産後の骨盤の冷え
4、頭部の全体的な頭痛(台風通過時、低気圧、緊張時)
これらの症状を伺ったときに、大体今回は5、6本の鍼治療で症状を改善できそうだな、、と予測を立てました。
先ずこのような多岐にわたる症状がある方の鍼治療をする際に大切なのは、どの姿勢を選択するのか、ということ。
人は痛みから逃げる姿勢を取りますし、うつ伏せが辛いのにうつ伏せで鍼治療をしたりするのは非効果的です。
普段から右肩を上にして膝を曲げて横向きになりながら寝ているそうなので、今回もこのように横向きで、以下の順で鍼治療をしました。
1、後頭部
先ずは後頭部に深さ数ミリの無痛の鍼治療をすることで、背骨周りの痛み・緊張を少しずつ取っていきました。ただ、腰回りや骨盤周りの痛さはまだ大部分残存。
2、右腰
ここにも鍼をして、残った腰部・骨盤周りの緊張をさらに改善。
3、右骨盤周囲、右足首にも刺鍼
この段階で腰部や臀部、下肢後面の痛みはほぼ全部無くなりました。
4、右耳の後ろ
最後に赤ちゃんを抱っこしているときに腱鞘炎が気になるとの事なので、右耳の後ろに極細鍼を刺鍼。
25分後にすべての鍼を抜きました。
腰を動かしたり、前かがみになっていただくとまだ右下肢後面の張りが気になるとのこと。
ですので立った状態で、右骨盤周囲に1本、右肩に細めの鍼を1本して初回は終了。
2回目は6日後、3回目は2週間後に来られ、3回の治療で座骨神経痛はほぼ無くなりました。
余程ひどい原因不明の座骨神経痛以外であれば、2回位の治療でかなり効果を見込めると思います。

※この方の口コミがこちらです。
https://www.ekiten.jp/shop_71030891/review/k_4654771/

 

 

 

 

 

塚田治療院 

〒279-0026千葉県浦安市弁天4-17-2