顎関節症

  • 顎が痛む
  • 口が開きにくく、食べるときに困る
  • 顎の関節がカクカクする
  • 大きな口が開けられなくなり、歯医者で顎関節症と言われた
  • 夜歯をかみしめる癖があり、マウスピースを使用したが良くならない
  • 顎が痛いがどうしたら良くなるのかわからず困っている

歯医者へ行けば顎関節症は改善されるの??

歯医者さんに行くと、歯を削って嚙み合わせを変えたり、マウスピースの使用を勧められます。

でも、それは対処療法で根本的な解決方法にはなりません。

歯医者さんは「歯」をみる専門家で、顎関節症は関節のトラブルなのです。実は顎の関節だけに問題があることは少ないのです。

当院には歯医者さんや、口腔外科、他の整体院で良くならなかった方がよく来院されます。

あごの関節はストレスを感じやすい関節です。歯を寝ている時に強く嚙みしめるので、歯医者ではマウスピースを処方します。

ストレスに対して他の医院では的確な対策がないので、特に繰り返す顎関節症に打つ手がないのが現状です。

「顎関節だけ」を施術しても良くならない!?

実は、顎関節症は顎の関節だけを施術しても改善することはできず、再発してしまうことがほとんどです。

顎関節症の施術は顎からつながった首・肩・背骨のゆがみ、自律神経の乱れを整えることが重要です。

顎の関節だけを改善しても、顎がゆがむ原因となる顎周りの筋肉の緊張や体のゆがみを改善しなければ、またすぐに再発してしまいます。

さらに、自律神経の乱れから、寝ている間に歯をギューっとかみしめることが原因で顎関節症になられる方もいます。

当院ではあなたの顎関節症の根本原因を、整体学的な観点と東洋医学的な観点から見つけ出し、あなたに最適な施術を行うことで、顎関節症を早期に改善していきます。

鍼治療は本当に即効性があります。それを体感してみてください!

開口障害

顎関節症の方で最も多い症状です。
口を大きく開けると痛みが出ます。
また、痛みが強く指1本分しか口が開けられない方もいます。
正常な方は指が縦に3本分入りますが、
口を大きく開けられないので、食事などに支障をきたします。

クリック音

口を開けると「カクッ」と音が鳴ります。
クリック音は痛む場合と痛みの出ない場合があります。
無理に動かしすぎると痛みが出る可能性があります。
クリック音が鳴る原因は、顎関節をおおっている関節円板という軟骨が、口を開けるときに引っかかることで音が鳴ります。

関節の変形

顎関節症は左右のどちらかに症状が出ることが多いです。
そのため、痛みの出ている側をかばうように片側だけで食べ物をかんだり、首が傾いたりすることが原因で、顎関節とその周りの関節が変形していきます。
顔のゆがみの原因にもなるので、女性は特に注意が必要です。

咀嚼時の疼痛

食べ物を噛んだ時にズーンとした痛みが起こります。
顎だけでなく、耳やこめかみなど顎とつながっているところにも痛みが出ます。
痛みのある時はなるべく硬い食べ物を控えるようにしましょう。

顎関節症が原因で起こる症状

頭痛

顎の筋肉は頭にもついているので、顎の状態が悪いと頭にまで影響してしまうことがあります。
とくに側頭部のこめかみにおこりやすく、噛む時に使う側頭筋という筋肉が反応して頭痛がおこります。

肩こり

顎関節症は肩こり・首こりを伴うことが多いです。
顎関節症の方は顎の筋肉が固まっている事が多く、その影響で肩こりが起こります。

顔のゆがみ

顎関節症は肩こり・首こりを伴うことが多いです。
顎関節症の方は顎の筋肉が固まっている事が多く、その影響で肩こりが起こります。
肩こりがひどくなってくると、顔まで緊張が強くなり、ゆがみが生まれやすくなります。

当院での施術方法

簡単にお伝えすると、当院では以下のように治療方針を立てます。

背骨のゆがみが強い
顎関節症であれば、うつ伏せになっていただき、数回かけて鍼で背骨のゆがみを根本から改善し、同時に体質も改善致します。

背骨のゆがみが強くない顎関節症であれば、仰向けになっていただき、おでこや手首、足首に美容鍼をすることで(上の写真を参照)、首とお腹の緊張を取ることで、顎のゆがみまで改善致します。

このように治療することで、皆様の辛い症状を早期に改善しております!

 

塚田鍼灸院 

〒279-0002千葉県浦安市北栄1ー15ー27 熊川ビル18 401