ストレートネック

  • 病院でストレートネックと診断されたけど、もうこの首肩こりは治らないのか不安・・
  • 最近は首を動かすのも大変になってきた。この先、私の首は大丈夫なの?
  • 朝起きた時からいつも首がこっていて、気分が下がってしまう。
  • 長時間パソコンの業務に集中できない、仕事が進まない・・・

最近は仕事のスタイルが変わってきたのもあるのか、やる気、集中力がなくなってきている。。

このままでは仕事や家事ができなくなってしまうのではないか・・・

体の不調から心も不安になってしまうのはとてもよくわかります。

でも、もう大丈夫です!

当院では、多くの同じような悩みを持った方々が、仕事や家事を休まなくても済むようになって快適な生活を送っています。

もう一人で悩まないでくださいね。😊

ストレートネックは骨を矯正しても改善することはありません!
当院の鍼治療で姿勢を改善、自律神経を調整し、内臓の疲れも緩和していきましょう!

ストレートネックとは、首の骨(頸椎)がまっすぐになってしまった状態のことです。

首には7つの小さな骨があって、それらが積み重なって首を支えています。

正常な場合は30度~40度ほど前方にカーブを描いていますが、ストレートネックの場合はカーブがなくなってしまいます。

病院でレントゲンを撮り、首の骨がまっすぐになっているから首の痛みや肩のこりが出ていると言われる人も多くいます。

しかし、首を牽引されたり、湿布を出されたり、運動をするように指導されたり、筋肉を緩める薬を出されたり、注射をしたり・・・と根本的な改善はしてもらえないのが現状はないでしょうか。

また、マッサージや整体を受けても、その場では気持ち良いだけで、すぐに首の痛みや肩のこりがもどってしまうことは、よく患者様から伺います。

首の骨を矯正したり、牽引をしなければ改善しないのでしょうか?

当院が考えるストレートネックを改善させるための方法は、これらとは違います。

ストレートネックは結果でしかありません。

首の骨がまっすぐになってしまう原因があるので、そこに対してアプローチできなければいくら首の骨を矯正しても改善しません。

根本原因① 首の筋肉の硬直とトリガーポイントの発生

姿勢の悪さによって、首には多大な負担がかかり、それが首の筋肉の緊張を引き起こすことは想像に難くないでしょう。

頚椎のまわりには小さな筋肉がたくさん付着していますが、それが姿勢の悪さによって硬直してきます。

更に一歩進み、筋肉の中にトリガーポイント(写真内の赤点)が発生してしまうと厄介です。

トリガーポイントとは、痛みやしびれのトリガー(引き金)となものです。

こういった筋肉の問題がストレートネックと診断された首のこりや痛みの根本原因なのです。

そして頚椎が緩み、姿勢を正すことでストレートネックは改善してくるのです。

根本原因② 自律神経・ホルモン・内臓疲労

姿勢の悪さ、体の使い方の問題でトリガーポイントが発生するメカニズムは分かりやすいかと思います。

しかし原因は単純にそれだけにとどまりません。ストレス、疲労、寝不足、食習慣、その他さまざまな生活習慣の乱れも関係してきます。

それらによって自律神経、ホルモンバランスの乱れ・内臓の疲労が生じます。

自律神経の乱れは血管運動に影響してきます。

これは全身の問題につながりますが、首に目線を向けると首まわりの血流に悪影響がおよぼされます。

血流が悪いと、負担がかかった筋肉の中に疲労物質、発痛物質が長くとどまってしまい、それがまた筋緊張やトリガーポイントが改善しにくい環境となってしまうわけです。

また、ホルモンバランスが乱れると、疲れやすくてやる気が出なくなったり、肌の調子も悪くなります。
特に、季節の変わり目はホルモンバランスが乱れやすい時期でもあり、精神的に不安定になったり、体調や肌の不調を引き起こしたりといった症状に悩まされる方も多いでしょう。

内臓疲労の状態になると、その影響は体表に現れます。(これを内臓-体勢反射と呼びます)

同時に姿勢のゆがみも生まれやすくなるのです。

そして、これらの3要素は首肩の痛み、しびれの根本原因だけではなく、すべての体の症状の根本原因となるものです。

塚田治療院 

〒279-0026千葉県浦安市弁天4-17-2