四十肩・五十肩

  • 物を持ち上げる時や、つり革をつかむ時に肩が痛む
  • 髪を結ぶ時や、下着を着ける時に痛みが出る
  • 裾をズボンに入れる動作が辛い
  • 夜中に痛みで目が覚める
  • 電気治療や湿布を貼ってもらったことはあるが、効果を実感できなかった

でも、もう大丈夫!
これらの症状には大きく分けて以下の原因が考えられます。

1、肩関節周りの組織の柔軟性の低下

2、在宅勤務が長くなり、徒歩での生活が減ってきている方が多いため、運動不足になり
→普段以上に腰・首が硬くなっていて、それが肩にも影響している

3、アレルギーや身体に冷えがある方は、背中や首回りに緊張の強い方が多く、それが影響して肩関節の動きを妨げている

4、古傷があり、それが原因で身体にゆがみが発生し、肩に痛みが出やすくなっている

これらの症状を最短で改善するために、当院では以下のような流れで鍼治療を致します!(一例をご紹介いたしますね(#^.^#))

ぱっと見、左腕を挙げるのが辛そう・・・

実際鍼治療の前は、腕を挙げると肩の前側に痛みが出ていました。

(以下鍼治療の流れをお伝えしますね♬)

1、後頭部に1本細めの鍼を浅めに刺します

これをすることで、首・背骨・腰までの緊張をどんどん取っていき、背骨のねじれまで改善します(*^^)v

背骨のねじれを改善していくことで、より早く肩の痛みを緩和させることができます。

2、わき腹に2本目の鍼をします(この部位は筋肉、脂肪も豊富なため、鍼をしていても痛みは出ませんのでご安心下さい)

左脇に鍼をすることで、背骨や腰骨周りに残っていた押して痛みのある点や、肩甲骨後面・首周りの
痛みのある部位もほぼ全部無くします!

2本目の鍼をしながら、腕を動かしていただき、肩を動かせる範囲が広がり、痛みも緩和していることを確認していただきます。

3、耳の後ろに3本目の鍼をします。

これをすることで、最後に残った首周り、肩周りの痛みもすべて取り切ります。

3本目の鍼をしながら再度腕を動かしていただくことで、更に肩が痛みなく動けるようなっていきます!

3本目の鍼をしてから10分前後置き、鍼を全部抜いた後、腰をかけていただきます。

最後に肩や首を動かしていただき、まだ痛みが出るようなら、その痛みを取るように鍼を1本して終了です。
この場合、計4本 

鍼をした後に、この方に合った体操を3種類指導させていただきました!

体操後の写真がこちらです。

メガネが見えるところまで、腕が挙がってきましたね(*^^)v
(この方以上に、治療後に動きが楽になる方もいらっしゃいます)

  このモデルの方の口コミがこちらです
↓ ↓ ↓

施術中の痛みもなく、肩の痛みも大分和らぎ、可動域も広がりました!

お客様写真
アンケート用紙

浦安市高洲在住の会社員です。
筋トレで左肩を痛めてから整形外科に通ったのですが、痛みが引かず、すがる思いで
初めて伺わせていただきました。
鍼治療は人生初でしたが、丁寧なカウンセリング後、痛いところを確認しながら施術していただきました。
施術中の痛みもなく、肩の痛みもだいぶ和らぎ、可動域も大きくなりました。
併せて体質改善も可能ということで、今後の自身の身体の変化を楽しみにしている次第です!
来週もよろしくお願いいたします。

40代 会社員 F・A様

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

他にも数名の方々の口コミを掲載致します。
クリックしてご確認下さい。

1、浦安市舞浜在住 50代男性
1回の治療で痛みが85%位無くなりました!おススメです。

2、浦安市弁天在住 50代女性
痛みの緩和だけでなく、美容効果も実感できました

3、浦安市日の出在住 50代男性
鍼治療の翌日は痛みなく、日常生活が出来るようになりました。感謝感謝です

塚田治療院 

〒279-0026千葉県浦安市弁天4-17-2