側弯症(初回)

側弯女性

この方 (50代女性)は7年前に整形外科で側弯症と診断され、5年前から身体のゆがみ、肩こりが気になりストレートネックとも診断される。

側弯症の原因は20歳の時に5、6年和裁で畳に横座りをしていたのが原因ではないかとご本人。
今回の主訴は
1、4日前に重たい椅子を引いたら左臀部を痛めた(もともと側弯症の影響から左腰部の痛みあり)
2、肩こり
3、更年期のほてり
4、5年前から右肘の痛み

なかなか色々な症状を合わせ持たれていますが、仰向け、横向けになっていただき、軽めに全身のマッサージを30分ほどしました。
その後、横向けの状態で気になる臀部に鍼を2本してから
仰向けになっていただき、身体のゆがみを取るように左手首、左足首、左すね等に極細鍼を刺鍼。(30分間置鍼)

最後に左腰、左臀部に痛みの緩和に有効なスパイラルテープをして、正しいコルセットの着用の仕方もご説明しました。
数日してご本人様から、ギックリ腰の症状は日にちが経つと良くなってきたとのこと。
この方は今も定期的に来院されています。

塚田治療院 

〒279-0026千葉県浦安市弁天4-17-2